学校と学習塾の違うところは、学校は学力の差は、関係なくクラスが作られているが、学習塾は大きいところでは、入塾テストで、学力別に分けられるところだろう。

だいたい同じ学力の生徒別で、授業が行われるのだ。

音大や美大を目指すための、学習塾はあっても、音楽、美術、体育、技術、家庭科などの学習塾はないようだ。

ただ、学習塾という名称ではなくて、個人的に教えてくれるところは、探せばありそうだ。

能力、学力別で授業が進められる学習塾は、効率的に勉強をできるような、環境になっている。

受験にとても力を入れてくれる進学塾は、模試も行い、その結果で、生徒の実力を受験のためへと、対策してくれる。

ただ、進学塾に入るには、入塾テストであまりにも成績が悪いと、拒否されることもあるそうだ。

一定の成績の子どもたちを集め、その子たちの成績を伸ばしてあげ、高い合格率を維持しているのだ。

学習塾も大きくなるためには、高い合格率と生徒数も維持しないとならず、少子化の今は、どこの学習塾も必死だろう。

どんな学習塾に行くとしても、とにかく成績が伸びて、勉強に意欲を出してくれるところへ、行ってほしい。


About the Author


Comments are closed.